お客様の評価
よくある質問  商標登録 出願してから、どれぐらいで商標登録になりますか。
よくある質問  商標登録 4ヵ月から6ヵ月程度です。早期審査制度を利用すれば2ヵ月程度です。
よくある質問  商標登録 ここまで安い料金はなぜですか。
よくある質問  商標登録 無駄なコストを徹底的に削減しています。例えば、人件費を抑制できるところは抑制しています。絶えず、古いやり方を見直し、新しいやり方を考えながら、創意工夫を行っています。
その結果、1出願・1区分の業界平均の料金の10万円程度に比べて、当所は、2万9千円程度(出願・登録時の料金の合計)の低価格なご料金を実現しました。
しかしながら、サービスの質は落としていません。
すなわち、今後の競争に勝つため、無駄なコストは徹底的に削減していますが、必要なところは「資金」を投入し、より、サービスの質の向上に努めています。
よくある質問  商標登録 商標登録の費用について教えてください。
よくある質問  商標登録 大きく分けると、特許庁に対して支払う印紙代と弁理士に支払う料金の2種類になります。
したがいまして、特許庁に対して支払う印紙代は、どの特許事務所も同じ金額になります。
しかしながら、弁理士に支払う料金は、特許事務所が自由に決めることができるため、特許事務所により、金額が大きく異なります。
詳細については、その他との検討をご参照ください。
よくある質問  商標登録 安いので、サービスの質が低いと思いますが、いかがですか。
よくある質問  商標登録 サービスの質は低くありません。お客様に応じて、個別具体的に対応させていただきます。
また、ネーミングなどをアドバイスさせていただき、商標登録できる可能性をより高めています。
さらに、迅速に対応します。
したがいまして、サービスの質は高いといえます。
詳細については、お客様の評価をご参照ください。
よくある質問  商標登録 料金はいつお支払いするのですか。
よくある質問  商標登録 出願時と登録時になります。
1区分の場合は、出願時に14,800円(税別)、登録時に14,800円(税別)のお支払いをお願いしています。
よくある質問  商標登録 ご依頼してからの流れを教えてください。
よくある質問  商標登録 お客様から、商標名、商標に使用する商品やサービスをお聞きします。その後、商標調査を行います。その結果、登録可能性が低い場合には、登録可能性を高めるため、アドバイスさせていただきます。そして、願書を作成し、ご確認していただきます。ご確認後、出願します。
よくある質問  商標登録 早く商標登録する方法を教えてください。
よくある質問  商標登録 商標の早期審査制度があります。
通常は、出願して、4ヵ月から6ヵ月程度で登録されますが、早期審査制度を利用すると2ヵ月程度で登録がなされます。
ただし、「権利化について緊急性を要する出願」、「既に使用している商品やサービス、もしくは使用の準備を相当程度進めている」等の要件を満たしている場合、早期審査の請求ができます。
しかしながら、デメリットもあり、実際に使用している商品やサービスしか、指定商品・役務に指定することができません。したがいまして、通常の商標登録出願より、商標権の範囲が狭くなってしまうといえます。
商標登録について

解説!商標登録

商標とは

商標とは、商品、又は、サービスの取引において、製造業者、販売業者又はサービス提供者が、自己の提供する商品又はサービスと他人の同種の商品又は役務とを識別するために、自己の提供する商品又は役務について使用をする標識のことをいいます。
その商標について、国に対して出願することにより、設定の登録がなされ、商標登録を受けたことになります。
そして、登録商標、商標権になるのです。
商標登録を受けることにより、国家からお墨付きをもらい、その登録商標についてのその商品又はサービスと同一又は類似範囲の他人の使用を商標法に基づき排除し、使用した場合には損害賠償の請求が可能となります。
商標登録することにより発生する商標権は、企業等の商標権者からみれば、その商品とサービスの信用を維持します。
一方、消費者からみれば、いい物、満足するサービスの出所や品質を、他の商品やサービスと区別する働きをします。
すなわち、商標登録は、商品とサービスの取引上の信用関係を具現化する働きをすることになるのです。

商標登録は、商品とサービスの信用を維持するために行います。
商標登録を行うことは、商品やサービスの名前を守ることにとどまらず、その名前を使い続けることにより、その名前についた信用を守ることになるのです。

よい商標は、その商品とサービスの価値を高めます。
その商品とサービスの価値が高まれば、信用が増します。
その結果、ビジネスが成功することとなるのです。

そのため、商標登録は、ビジネスの成功のために不可欠なのです。

商標登録の目的について、商標法第1条において、「商標を保護することにより、商標を使用する者の業務上の信用の維持を図り、もって産業の発達に寄与し、あわせて需要者の利益を保護する」としています。
登録商標は、商標法等の法律によって保護されます。
商標の機能は、自他商標識別機能、出所表示機能、品質保証機能、広告機能です。
これらの機能は、使用して、信用が蓄積すればするほど、増大していきます。
いい商標になれば、価値が高まります。
そして、いい商標は、海をこえて、諸外国でも通用するものと成長します。
そのようないい商標、登録商標をお客様とともに、いっしょにつくりたい、

そのことが、プレシャス国際特許商標事務所(PRECIOUS IP FIRM)の願いです。


商標は、商品やサービスの目印となる名前です。
商品やサービスの名前を登録することが、商標登録です。
商標登録により、独占排他的に、その商標を使用することができるのです。
ビジネスでは、商品を販売したり、サービスを提供します。
そのビジネスする商品やサービスに名前をつける必要があります。
名前がないと、自分の商品やサービスと他人の商品やサービスと区別することが困難になります。
名前がないと、商品やサービスの出所を表示することが困難となります。
名前がないと、商品やサービスの品質を保証することが困難となります。
名前がないと、宣伝広告の機能を発揮することが困難となります。
そこで、商品やサービスには名前が必要です。
そして、その名前を登録していないと、他人に対して、その名前を使用することをやめろ、お金をくださいということが難しくなります。
そのため、商標登録が必要なのです。

その商標登録について、低価格で、質の高いサービスを行っています。
東京発で、プレシャス国際特許商標事務所は、質の高い、低価格なサービスを展開しています。
よろしくお願いいたします。

商標登録は、商品とサービスの信用を維持するために行います。
また、商品やサービスの名前を守ることにとどまらず、その名前を使い続けることにより、その名前についた信用を守ることになるのです。
いい商標登録は、その商品とサービスの価値を高めます。
その商品とサービスの価値が高まれば、信用が増します。
その結果、ビジネスが成功することとなるのです。



名は体をあらわします。
その名前がいいと、ビジネスが成功する可能性が高まります。
ネーミングは、ビジネスにとって、成功する、核です。
その核である、ネーミングを守るため、名前を登録する必要があります。
そのため、商標登録が必要なのです。
商標は、国に対して出願することにより、設定の登録がなされ、商標登録を受けたことになります。
そして、登録商標、商標権になるのです。
商標登録を受けることにより、国家からお墨付きをもらい、その登録商標についてのその商品又はサービスと同一又は類似範囲の他人の使用を商標法に基づき排除し、使用した場合には損害賠償の請求が可能となります。
商標登録することにより発生する商標権は、企業等の商標権者からみれば、その商品とサービスの信用を維持します。
消費者からみれば、いい物、満足するサービスの出所や品質を、他の商品やサービスと区別する働きをします。
商品とサービスの取引上の信用関係を具現化する働きをすることになるのです。
商標登録の目的について、商標法第1条において、「商標を保護することにより、商標を使用する者の業務上の信用の維持を図り、もって産業の発達に寄与し、あわせて需要者の利益を保護する」としています。
登録商標は、商標法等の法律によって保護されます。
そのため、商品やサービスの信用を維持することになるのです。
商標の機能は、自他商標識別機能、出所表示機能、品質保証機能、広告機能です。
これらの商標の機能は、使用して、信用が蓄積すればするほど、増大していきます。
すなわち、いい商標になれば、価値が高まります。

そして、いい商標は、海をこえて、諸外国でも通用するものと成長します。

そのようないい商標、登録商標をお客様とともに、いっしょにつくりたい、そのことが、プレシャス国際特許商標事務所(PRECIOUS IP FIRM)の願いなのです。
何卒、よろしくお願いいたします。

商標登録制度

すなわち、登録商標制度は、商品やサービスの業務上の信用を維持するための制度なのです。
そして、産業の発達に寄与するとともに、需要者の利益を保護することを目的とするものです。

商標登録とは

登録商標とは、わかりやすくいえば、商品やサービスの信用を維持するためのものです。

商標登録の必要性

商標登録を行うことは、商品やサービスの名前を守ることにとどまらず、その名前を使い続けることにより、その名前についた信用を守ることになるのです。

よい商標は、その商品とサービスの価値を高めます。

その商品とサービスの価値が高まれば、信用が増します。

その結果、ビジネスが成功することとなるのです。

以上のように、商標は、信用が蓄積すればするほど、価値が増大していきます。

そのためには、商標について、国に対して出願することにより、設定の登録がなされ、商標登録を受けたことが必要なのです。

そうすれば、国家からお墨付きをもらい、その商標についてのその商品又はサービスと同一又は類似範囲の他人の使用を商標法に基づき排除し、使用した場合には損害賠償の請求が可能となります。

そのため、商標登録は必要不可欠なのです。

商標登録の効果

登録商標は、商標法等の法律によって保護されます。
商標登録を受けることにより、国家からお墨付きをもらい、その商標についてのその商品又はサービスと同一又は類似範囲の他人の使用を商標法に基づき排除し、使用した場合には損害賠償の請求が可能となります。

商標登録することにより発生する商標権は、企業等の商標権者からみれば、その商品とサービスの信用を維持します。

消費者からみれば、いい物、満足するサービスの出所や品質を他の商品やサービスと区別する働きをします。

すなわち、商品とサービスの取引上の信用関係を具現化する働きをすることになるのです。